廃品回収について(平成24年10月)

意見・提言

1 消火器の期限切れは、店ではなく消防署が引きとってくれたら良いと思います。独居老人では店まで持っていく事が出来ません。運転も出来ません。家族も近くにいるとは限りません。

2 (9月の広報記載)粗大ごみ家電4品目ですが、これは町での回収を希望します。処理代金を支払うのも郵便局です。記入もメーカー及び大きさ(インチ)も記入しなければなりません。又品物は前橋まで届ける。業者にお願いすれば交通費もプラスして払うとのこと。

ますます独居老人が多くなります。税金の使い方を考えて便利にしてほしいです。

私の知り合いですが廃品回収業者に無料とのことで出したのに4万円取られたそうです。

電話1本で市なり、町の職員が持ちに来てくれるような親切さを希望します。回収料金(基本)は支払う決まりでいかがでしょうか?  

女:70代:市内在住

回答

日頃より市政に対し、ご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

「廃品回収」について、一般廃棄物(ごみ)を担当する一般廃棄物対策課でお答えさせていただきます。

まず、消火器の処理に関する件ですが、本市では処理困難物である「消火器」は、市では処理できず、よって地域の「ごみ集積所」に出せない物となっております。

そのような中、市民の方から処理の相談があった場合、消火器を適切なリサイクルシステムに乗せる特定窓口業者(市内に6社)を案内しており、これらの業者の中には、自宅まで取りに来てくれる業者もあります。(処理費・収集費は有料)

消防署においても同様の内容で案内しています。

次に、広報誌にも掲載させていただきました廃家電4品目(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)の処理ですが、これらは排出者がリサイル料金を支払い、適正なリサイクルルートにのせて処理することと家電リサイクル法できめられており、市では処理できません。

このことから、市民の方々からの問い合わせに対しまして次の 1~5 の方法をご案内させていただいています。

  1. 過去に購入した販売店に引取りを依頼する。 (リサイクル料金の支払いは販売店で可能です。廃家電の収集運搬費は有料)
  2. 買い替えの時、購入予定の販売店に引取りを依頼する。 (リサイクル料金の支払いは販売店で可能です。廃家電の収集運搬費は有料)
  3. 市の許可を得ている収集運搬業者に依頼する。 (リサイクル料金を事前に郵便局で振り込む。廃家電の収集運搬費は有料)
  4. 市役所 清掃管理課(乗附町)に引取りを依頼する。 (リサイクル料金を事前に郵便局で振り込む。廃家電の収集運搬費は3,000円)
  5. 自分で指定引取場所まで持込む。 (リサイクル料金を事前に郵便局で振り込む。前橋市内に2箇所ある指定引取場所に自己搬入)

家電リサイクル法によりリサイクル料の支払い義務が排出者本人にあることから、市がリサイクル料金と回収料金を徴収して回収することは難しいのが現状です。

「市による手続きを簡素化した基本料金での回収」のご提言につきましても、ご意見として受け止め、今後の検討とさせていただきます。

貴重なご意見ご提言ありがとうございました。

担当:一般廃棄物対策課

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726