高崎市国民健康保険保養施設利用助成について(平成24年4月)

意見・提言

先月に指定保養施設の保養所を利用させていただきました。その際知った現状は、保養施設の利用補助の対象者が小学生から74歳までの人とのことです。75歳以上の高齢者は利用できないとのことです。その理由は、75歳以上の人は国民健康保険の対象者でなく後期高齢者医療の対象者であり、保養施設利用の対象外とのことでした。意見提起を次ぎのとおりいたします。

後期高齢者医療制度が発足されなければ、小学生以上の人が利用補助を受けることができたと認識しています。後期高齢者医療制度は、国民健康保険制度とは別制度とのこと。この利用助成制度は高崎市独自の制度と認識しています。ならば、現状の制度を適用されることが望ましいと考えます。国民健康保険制度以外の健康保険の利用者もこの助成制度の適用を受けられないとのことです。高崎市の財政状況から考えて、「国民健康保険保養施設利用助成制度」を廃止することも検討に値すると考えます。なお、現状において高崎市民であれば、一人1,000円の補助を受けられています。

男:70代:市内在住

回答

このたびは大変貴重なご意見をいただき誠にありがとうございます。

保養施設利用者に対する助成事業は、高崎市国民健康保険被保険者の健康の保持増進を図るため、高崎市国民健康保険の指定保養施設を宿泊利用する市民に対する助成事業として実施しています。後期高齢者医療制度につきましては、国の医療制度改革として平成20年4月に創設され、75歳以上の全員と、65~74歳で障害認定された方を対象としており、国民健康保険や会社などの健康保険を脱退して、改めて加入する独立した医療保険制度です。また、国民健康保険は市町村が保険者となり運営していますが、後期高齢者医療制度は都道府県を単位とする後期高齢者医療広域連合が保険者となって運営しており、広義の解釈としても国保とはまったく異なる保険制度となっています。

また現在実施されている高崎市国民健康保険における給付・助成事業は、高崎市国保被保険者からの保険税によって賄われているため、その対象者は高崎市国保被保険者とさせていただいております。高崎市では今後とも、高崎市国保被保険者の健康保持増進のため、保養施設利用者助成事業を推進してまいりたいと考えておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

担当:保険年金課

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726