高崎学検定プレ講座の参加要望について(平成24年12月)

意見・提言

「広報高崎」で来年秋に高崎学検定が実施されることを知りました。

検定前にプレ講座を開催してくれることになりました。

第1回プレ講座「箕輪城と長野氏」があり講座に申し込みました。 定員があり、抽選結果で講座に参加できなくなりました。

申込は「往復ハガキ」による方法でした。

検定の主旨は、高崎(合併後)の歴史等を良く理解してもらうことだと書いてありました。こうした主旨であれば希望者全員に参加できるようにすべきだと考えます。

「往復ハガキ」での申込であるので締切日には、希望者の人員を把握できます。定員を超えた場合は、会場を大きい所にかえるか講座開催の回数を増すなどの方策をとるべきだと考えます。

人口が35万人以上になってるし、広域化している中で、定員250名の実施はいかにしても少なすぎます。

早急にこのような講座は市民が希望者全員参加できるようにする必要があります。

講座内容がホームページで発表されることは前進ではあります。   

男:60代:市内在住

回答

この度は、貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。

「高崎学検定プレ講座」にお申し込みをいただきながら、ご希望にそえず抽選にもれたことにつきましてはたいへん申し訳ございません。

今回は、新しく開館した市民活動センター「ソシアス」を市民の皆様に知っていただきたいことや、高崎学検定の会場となることも含めて、当センターの主催事業としまして、市民の皆様の生涯学習を支援する講座を開催させていただいております。

○○様ご指摘のことにつきましては、今後の検討課題とさせていただきたいと思います。

また、今後、様々なテーマの講座を同ホールにおいて開催してまいりたいと考えておりますので、定員を上回るお申し込みがあった場合には、公平に抽選とさせていただきたいと思いますので、ぜひご理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、今回の講座「箕輪城と長野氏~戦国武将に思いをはせて~」につきましては、講師のご理解を得て、当日の講座資料の配布と当日の講座を録画したDVDの貸し出しをさせていただきますので、ご希望があればご連絡をいただければ幸いです。

また、ラジオ高崎により本講座の収録放送も行います。放送日につきましては、ご案内いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

担当:社会教育課

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726