高崎市の山車 南地区

下和田町山車

山車の写真神像

「神像」は、源九郎判官義経の幼な姿である牛若丸。 この雄姿は、扇を振りかざして弁慶に投げつけようとしている。

  • 人形:うしわかまる 米富久 作
  • 山車:昭和9年12月吉日製作
  • 幕:松月と丹頂の染抜き

石原町下一山車

 山車の写真 神像

「神像」は、少那彦名命。 石原町半田に鎮座する七ノ宮小祝神社の祭神です。 この神は、大国主命と出雲の国の建国にあたった渡来人で、知恵と医療の神とされています。

  • 人形:すくなひこなのみこと 川崎阿具 作
  • 山車:昭和58年12月30日製作
  • 幕:波頭に鶴、青桐に鳳凰の刺繍

石原町下二山車

山車の写真 神像

「神像」は、彦狭島王。 中石原町で管理する三嶋神社のある三嶋塚古墳は、古くから口伝などにより「彦狭島王」の御墓だと伝えられている。

  • 人形:ひこさしまおう 晃月 作
  • 山車:平成元年12月10日製作
  • 幕:波千鳥と松竹梅に鷹の刺繍

石原町下三山車

山車の写真

  • 人形:すがわらのみちざね 今福人形店 作
  • 山車:明治時代製作

石原町下四山車

山車の写真

  • 人形:こかじ 米福 作
  • 山車:明治時代製作

砂賀町山車

山車の写真 神像

「神像」は、恵比寿の神。 大国主命の子で事代主命(ことしろぬしのみこと)といわれ、七福神の神像として人々の信仰も非常に厚い。

  • 人形:えびすのかみ 熱賀昭男 作
  • 山車:大正3年1月吉日製作
  • 幕:鶴に亀と波の刺繍

南町山車

山車の写真 神像

「神像」は、楠 正成(楠公)。 南朝の忠臣で七生報国、忠君愛国時代の代表的な名将。 南朝の忠臣と南町の「南」とのゴロあわせで神像に選ばれた。

  • 人形:くすのきまさしげ 山本鉄五郎 作
  • 山車:大正13年10月吉日製作
  • 幕:菊の紋と松や菊水の刺繍

和田町山車

山車の写真 神像

「神像」は、菅原道真。 天神様と言う学問の神様として信仰が厚い。 人形は、歌舞伎の「菅原伝授手習鑑」菅丞相の姿といわれている。

  • 人形:すがわらみちざね 山本福松 作
  • 山車:大正11年8月吉日製作
  • 幕:梅と菊水の刺繍

通町山車

山車の写真 神像

「神像」は、乙姫。 龍宮は、一般に昔の中国風の建物の形をしています。 乙姫様も唐人風の身支度で絶世の美女だと伝えられています。

  • 人形:おとひめ 作者不明
  • 山車:大正元年10月吉日製作
  • 幕:波に亀と龍宮城の刺繍

あら町山車

山車の写真 神像

「神像」は、健御名方冨命(諏訪明神)。 新町の氏神は諏訪神社で、武田氏の軍勢が信州諏訪から48石の 宝石を勧請して上州各地にまつった諏訪神社の一つで、今も宝石は 御神体として守られている。祭神は大国主命の子供で国造りがうま く、出雲の国から信州へ行き諏訪神社を開いた神様です。

  • 人形:たけみなかたとみのみこと 亀家清秀 作
  • 山車:大正6年1月吉日製作
  • 幕:龍と荒波の刺繍

八島町山車

山車の写真 神像

「神像」は、神功皇后(八幡宮の祭神)。 仲哀天皇の皇后で、名を息長足媛命(おきながたらしひめのみこ と)。天皇崩御の後、軍を曳いて新羅(しらぎ)を征し凱旋した。

  • 人形:じんぐうこうごう 山本福松 作
  • 山車:大正13年1月吉日製作
  • 幕:岩に波と孔雀に牡丹の刺繍

新田町山車

山車の写真 神像

「神像」は、浦島太郎。 美男の浦島太郎が玉手箱を抱えて竜宮から帰る姿で、歌舞伎踊り の乙姫を懐かしむ振りのところを表現したものと伝えられる。 不老長寿は昔も今も万人の願いで、玉手箱は開けてはならぬもの。

  • 人形:うらしまたろう 山本福松 作
  • 山車:明治43年4月1日製作
  • 幕:日の出と松の刺繍

下横町山車

 山車の写真 神像

「神像」は、天照大神。 天照大神は天皇家の始祖。 伊勢神宮の祭神で「やさかにのまがたま」や「やたのかがみ」 を身につけている勇姿を、町の象徴として選んだところに町人の心意気をみせています。

  • 人形:あまてらすおおみかみ 米福 作
  • 山車:昭和6年12月吉日製作
  • 幕:二見浦の旭日と鳳凰

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726