和田橋交差点近くの烏川河川敷について(平成25年6月)

意見・提言

最近、和田橋交差点近くの烏川河川敷が整備されているのに気が付いて、車で何度か行ってみたのですが、車8台ほど停められる駐車場(国道17号沿い)がいつも閉まっていて停められません。このままずっと閉鎖されたままなのでしょうか。

その後も「河川敷へ一度は行ってみたい」と思っていたところ、市役所前に赤い自転車(高チャリ)があるのに気が付き、それを借りて烏川河川敷まで散策に行くことができました。

河川敷で山や川の景色を楽しみ、さてそろそろ帰ろうと長いスロープを自転車で登っていくと、和田橋交差点南西の位置にある出口ゲートが閉まっていました。

自転車を持ち上げて柵を越えるのも良くないので、仕方なくまたスロープをずっと戻り、橋の下を北へ向けてくぐり、駐車場のほうから河川敷を出ました。

もしスロープ出口から出られないのならば、スロープ入口のところで「この先、出られません」などと表示したほうが良いように思いました。

そもそもこの交差点南西の出入り口ゲートはなぜ閉まっているのでしょうか。

駐車場横に管理人室のような建物があったので、そちらで聞こうかと思ったのですがどなたもおらず、またその近くの公衆トイレですが、みんなのトイレ(車椅子対応、オストメイト対応)は行きも帰りもずっと閉まっていました。昼間なのに鍵をかけっぱなしにしているのだとしたら不思議な気がします。使いたい人がいても使えません。

もしかしたらこの河川敷はまだオープン前なのかもしれませんが、いずれにせよ中途半端な感じがします。河川敷を訪れる方々へのもてなしとして、もう少しできる工夫がありましたらお願いします。   

男:市外在住

回答

この度は、貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。

ご指摘の和田橋交差点近くの河川敷公園は、烏川緑地(高松エリア)であり、国土交通省と市が連携し、整備を進めてまいりました。

水辺空間を活用した公園や遊歩道などの整備が終了し、今後これらを結び付け関連性を高め、にぎわいの創出を積極的に進めていくことが必要と考えております。

そこで、高崎駅から高崎公園やお堀などの城址周辺の水と緑と連携し、さらに烏川の水辺空間をめぐる散歩道をつくるため、高崎公園と烏川緑地を結ぶ人道橋の整備を進めております。

現在は人道橋を含めた広大な敷地を生かしたイベント等に活用することも視野に、市民のニーズに合わせた利用方法について検討しているところであります。

そのため、人道橋が完成するまでは、河川敷と交差点を結ぶ長いスロープは閉鎖しており、現在は利用できない状況となっております。

また、今回ご指摘いただいたとおり、利用や通行ができないものについては、はっきり分かるよう、案内板等を設置し周知してまいりますのでよろしくお願いいたします。

担当:公園緑地課

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726