前図書館の解体について(平成25年5月)

意見・提言

前図書館を解体して駐車場にするそうですが?

その際に道路側の樹木は残りますか。

伐採は簡単ですが育てるのには大変苦労をします。「是非残してください」と、役所に伝えて欲しい。

希望がかなえば良いのですが?

回答をお待ちしております。

男:70代:市内在住

回答

この度は貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。

末広町にございます旧高崎市立図書館は、5月14日から解体工事に着手いたしました。跡地は、当面、総合文化センター駐車場として活用する予定です。

工事の際の道路側の樹木の伐採についてご意見をいただきましたが、道路側の樹木とは、高崎駒形線に面して植栽されている複数の大きなクスノキのことかと思われます。

今回の工事においては、このクスノキについては伐採せずに残します。

大事に育てた樹木ですので、出来る限り残すように計画しておりますが、図書館に近い場所にある低木については、次の駐車場整備工事のスペース確保のために除却せざるを得ない木々もございます。

近隣住民の皆様に見守られながら大きく育った樹木ですので、出来るだけ残す方法で工事を進めてまいりますので、ご理解いただきすようよろしくお願い申し上げます。    

担当:中央図書館

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726