アクセシビリティへの取り組み

高崎市では、より多くの方にホームページを見ていただくために、ホームページ・アクセシビリティ・ガイドラインを作成しました。ガイドラインの作成、遵守を通じ、障害のある方や高齢者、児童、外国人など様々な方々がホームページの情報を入手しやすいようになることをめざします。 高崎市のホームページは各担当職員が作成しています。まず私たちにできることから取り組み、今後もみなさまのご意見を取り入れながら、利用者、利用環境による格差がないよう、改善をしてまいります。ホームページの中には、ガイドラインを定める前に作成されたものもあり、ガイドラインに対応できていないページもありますが、今後、改善、更新をしながら、ガイドラインを遵守できるよう、努めてまいります。

ホームページ制作にあたって
番号対象要素項目
1 作成工程

企画・設計・制作・運営のすべてのプロセスで、アクセシビリティを検討するための工程を組み込む。

2 作成工程 ホームページの関係者全員が、アクセシビリティに関する基本的な知識を共有できるようにする。
3 作成工程 利用者の意見、要望、質問を収集できるようにし、ホームページの仕様に積極的に反映する。
4 作成工程 企画・設計・制作・運営のすべての工程で、アクセシビリティの評価、検証を行う。
5 作成工程 アクセシビリティを率的かつ効果的に維持できるよう企画・設計する。
6 作成工程 できるだけ多くの機器やソフトで操作・利用できるように、利用環境を定める。
7 作成工程 特定の技術やプラグイン(JavaScript・Javaアプレット・Flash・PDFなど)、動画、オーディオの利用が、伝えたいことを表現するうえで、必要かどうか、検討する。
ウェブページの制作にあたって
番号対象要素項目
1 全体要件 すべてのページに、ページの識別ができ、かつ内容を的確に示すタイトルをつける。
2 全体要件 ページ内で記述する基本となる言語を明示する。
3 全体要件

文字色と背景色のコントラスト(明度差など)を充分に取る。

4 全体要件

コンテンツの内容を理解・操作するのに必要な情報は、色のみを使用せずに、文字やパターン(模様)などを併用する。

5 全体要件

コンテンツの内容を理解・操作するのに必要な情報は、形や位置のみを使用せずに、テキストで他の情報を付記する。

6 全体要件

画面全体が短時間で連続的に変化するような表現を使用しない。画面の一部でも、明滅やスクロールの速いものや、色のコントラストが極端に変わるものなどは、使用しないことが望ましい。

7 全体要件

現在表示されているページが、サイト全体、もしくは、コンテンツ内のどこに位置しているか、把握できるようにする。

8 全体要件

ページの表示に要する時間を短くする。

9 全体要件

本文へのページ内リンクを設けるなどして、ページ共通のナビゲーションバーやメニューなどを読み飛ばせるようにする。

10 全体要件

横方向のスクロールが発生しないようにする。

11 全体要件

1ページの長さを、適切な長さにする。 長くなるときは、適切なナビゲーション(ページ内リンクや "ページの先頭へ戻る"リンク)を設ける。

12 全体要件

重要な要素は見つけやすい位置に配置し、強調する。

13 特定の技術やプラグイン

特定の技術やプラグイン(JavaScript・Javaアプレット・Flash・PDFなど)が必要なコンテンツを提供する場合は、代替手段・代替情報も併せて提供する。

14 スタイルシート

構造のための要素や属性と、表現のための要素や属性は、正確に使用し、論理構造に沿って指定する。

15 テーブル

表(テーブル)は、行と列の関係や表示順序(セル単位、左上から右下)を考慮するなどし、内容を把握しやすくする。

16 テーブル

表(テーブル)の要素や属性は、レイアウト目的での使用を最小限とする。

17 フレーム

フレームの使用は、原則しない。ただし、やむを得ず使用する場合 、次項を満たすこととする。

18 フレーム

すべてのフレームに、フレームの識別ができ、かつ内容を的確に示すタイトルをつける。

19 フレーム

フレームのスクロールバーを非表示にしない。

20 操作

特定の入力装置に依存せず、少なくともキーボードだけですべての操作ができるようにする。

21 操作

同一サイト内へのリンクは、同じウィンドウに表示し、新たなウィンドウを開くことは、必要最小限にする。

22 操作

利用者の意思に反して、表示中のページを自動的に更新することや、自動的に他のページを表示(他のページへ移動)することはしない。やむをえず表示する場合、あらかじめそのことを告知しておく。

23 操作

サイト内での基本操作部分(「トップページ」、「サイトマップ」などへのリンクや、ページ内リンクなど)は、サイト内での表現(文言・形状・色彩・配置など)や機能に、一貫性をもたせる。

24 操作

メニュー項目数が多い場合は、わかりやすい並び順にするか、階層化、グルーピングなどにより、一度に把握しなければならない項目数を減らす。

25 操作

リンクがあることが見ただけでわかるようにする。

26 操作

リンクは、リンク先の内容がわかるように表現する。

27 操作

ダウンロードするデータは、ファイル形式・ファイルサイズを明記する。

28 操作

リンクのある文字や画像などは、クリックしやすいように充分な面積にし、誤操作しないように充分な間隔をあける。

29 操作

コンテンツ内に表示するボタンなどは、その役割がすぐにわかるようにする。

30 フォーム

フォームに入力する内容は、必要最小限にする。

31 フォーム

フォームは、ラベルとコントロールの関係を明確にする。また、入力項目をグルーピングし、コントロールを見つけやすくする。

32 フォーム

フォームの各入力項目には、入力する内容や条件などを明確に示す。

33 フォーム

入力ミスやエラーが発生することを考慮し、適宜、フォームに戻れるようにする。その際、入力済みのデータを表示しておく。

34 フォーム

入力した内容は、送信前に利用者が確認・修正できるようにする。

35 フォーム

選択肢が複数個ある場合は、選択肢の数をあらかじめ提示し、それらが何を表しているか、わかりやすくする。

36 画像

すべての画像には、画像の内容を的確に示すalt属性をつける(画像の代替情報)。

37 画像

イメージマップは、サーバサイドではなく、クライアントサイドとし、リンク先の内容を的確に示すalt属性をつける。

38 画像

文字を画像で使用する時は、文字フォント・サイズ・コントラストなどを考慮し、読みやすくする。

39 画像

画像の背景(文字や絵の周囲)に、透過色を設定しない。

40 画像

画像のみで重要な情報を説明している場合は、補足情報として概説をテキストで付記する(画像の補足情報)。

41 テキスト

意味が大きく変わる文字装飾(取り消し線など)を使用する場合、その意味をテキストでも併記する。

42 テキスト

文字サイズ・フォント・および行間は、利用者が変更できるようにする。

43 テキスト

記号や省略表記を使用する場合は、音声での読み上げに配慮する。

44 テキスト

単語内にスペースや改行を挿入しない。また、半角文字と全角文字を混在させる場合は、音声での読み上げに配慮する。

45 テキスト

機種依存文字(丸付き数字やローマ数字など)は使用しない。

46 テキスト

想定する利用者にとって一般的ではない言葉(外国語・専門用語・略語・社内用語など)を多用しない。

47 テキスト

想定する利用者にとって、読みの難しい言葉や固有名詞などは多用しない。

48 音声・映像

重要な情報を提示する場合は、警告音などの聴覚的な方法と、メッセージ表示などの視覚的な方法を併用する。

49 音声・映像

音声を使用する場合は、テキストなどによる同等の情報を提供する。

50 音声・映像

動画を使用する場合は、音声またはテキストなどによる同等の情報を提供する。

51 音声・映像 自動的に音(BGMなど)を再生しない。

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726