平成25年3月定例記者会見

日時:平成25年3月7日 木曜日 午前11時~
会場:市役所6階市民対話室
案件:4件

みさと芝桜まつりの開催について

4月13日(土)から5月12日(日)まで、みさと芝桜まつりを開催いたします。

芝桜公園は2.9ヘクタールの丘に約26万株の芝桜を植栽し、「織姫が置き忘れたはごろも」をイメージし地元の銅版画家、長野順子さんにデザインしていただきました。暖かい春の日差しのもと、赤、白、ピンクの三色の芝桜が地形にあわせ帯状に連なり、渦巻きやうねり模様を色鮮やかに描き出しています。また、地元の採れたて野菜や春の山菜、芝桜だるまの販売も行い、お客様よりも大変人気があります。芝桜だるまは今年から白色を加えて3種類となります。

公園内には、無料駐車場があり乗用車335台分・大型バス26台分の収容が可能です。入場料は、大人300円・小学生100円、団体大人200円・小学生50円、小学生未満無料です。

主なイベント

  • 4月13日(土)、20日(土)、27日(土)、午前10時と午後2時に先着100名様に、芝桜ポット苗となめこ汁の無料配布を行います。
    ※入場順ではありません、園内の案内放送後の先着順とさせていただきます。
  • 平成25年4月28日(日)みのわの里きつね嫁入り行列を行います。
    毎年、秋に行われるきつねの嫁入りは、県内外から多くのファンが訪れ、箕郷町の中心部も賑わいます。
  • 芝桜公園で行うのは今年で2回目となります。午前11時と午後2時の2回、園内で行列を行います。
    箕郷フォトコンテストの作品も募集しております。
  • 春の満開の芝桜と各イベントを是非お楽しみください。

問い合わせ先

箕郷支所産業課 電話:027-371-9065

ページの先頭に戻る

第6回たかさき春まつりの開催について

桜の開花時期に合わせ、高崎の春を彩る桜の名所「高崎公園」「城址公園」や「観音山」への来訪者のおもてなしと中心市街地の活性化を目的に、「第6回たかさき春まつり」を下記のとおり開催します。

主催

たかさき春まつり実行委員会

日時

平成25年4月6日(土)、7日(日)午前10時から

会場

もてなし広場、観音山

主な見どころ

(1)もてなし広場会場

  1. スプリングレーザーショーとクラシックコンサートの共演 ・日時:4月6日(土)午後7時~8時 音楽と光の共演により幻想的な春の夜を演出します。
  2. 春まつりスタンプラリー ・日時:4月6日(土)、7日(日)午前10時~午後3時 市内3か所でスタンプを押印、抽選で2,000個の景品をプレゼント。 中心市街地の回遊促進を図ります。

(2)観音山会場

満開の観音山の桜の下で、和太鼓や津軽三味線の演奏をお楽しみいただきます。

  1. 和太鼓演奏会 日時:4月6日(土)午前11時、午後1時30分
  2. 津軽三味線&民謡ショー 日時:4月7日(日)午前11時、午後1時30分

問い合わせ先

観光課 電話:027-321-1257

ページの先頭に戻る

「榛名町誌」全8巻の刊行について

このたび、榛名地域の歴史・自然・民俗文化を網羅した「榛名町誌」全8巻がすべて刊行されました。「榛名町誌」は榛名町制50周年記念事業のひとつとして、平成13年度から取り組まれ、高崎市との合併後も編さん事業は引き継がれました。今回、通史編下巻(近世・近代現代)が刊行されたことにより、ようやく市民の皆様に全巻をご覧いただけることになりました。

本誌では、パワースポットで脚光を集めている榛名神社や里見八犬伝で知られる里見氏、武田氏と西上州の羅権を争った長野氏などを紹介しているほか、初めて公開された資料も数多く掲載しています。

本郷町の「しどめ塚古墳」の遺跡は、初めて図化され、写真とともにその全貌が示されました。さらに、上里見町の神山地区には江戸時代の中頃、20年間だけ存在した陣屋があり絵図はこれまで目にすることはできませんでしたが、今回、色と文字の解読をあわせて付図にしました。また、明治時代に行われた社寺調査の美しい絵図も掲載しています。各巻とも資料をふんだんに盛り込み、新しい地域像を描き出すとともに、口絵にはカラー写真を多用し紹介しました。

ご一読いただければ、きっと豊かな自然にはぐくまれた榛名地域の歴史を楽しんでいただけることと思います。

刊行内容および年度

資料編1 原始・古代(平成22年度 約1200貢)

旧石器時代から平安時代までの資料を掲載。下里見諏訪山古墳、本郷奥原古墳群からの出土品は特に貴重。

資料編2 中世(平成17年度 約400貢)

里見氏、長野氏の累代の活躍、榛名神社や白岩長谷寺、下室田長年寺、中里見光明寺の隆盛。

資料編3 近世(平成22年度 約800貢)

江戸幕府創設から大政奉還までの資料を掲載し、榛名地域の行政・産業・社会生活そして榛名神社を中心にした信仰を紹介。

資料編4 近代・現代(平成22年度 約900貢)

廃藩置県に始まり、明治の大合併・昭和の大合併そして平成の大合併。激動する時代の中での榛名地域の変化を紹介。

自然編(平成19年度 約500貢)

榛名地域の大地の成り立ちを榛名山や浅間山の噴火などをはじめとした生成要因、この地に生息している動植物、人との関わりを集大成。

民俗編(平成23年度 約500貢)

榛名地域に根付いている制度や慣わしをはじめ、仕事、年中行事、冠婚葬祭、信仰、民俗芸能、娯楽などを紹介。

通史遍上 原始古代・中世(平成23年度 約800貢)

独特な地形の特色や自然環境を活かし独自の文化を創造した榛名地域。

院政期から形成された荘園・公領制が確立し、武士団として里見氏、長野氏の台頭を紹介。

通史編下 近世・近代現代(平成24年度 約800貢)

幕府に統制された村々の成り立ちや自治組織の確立、産業と交通、社会生活と文化、信仰などを記載。明治維新後の近代化路線による社会構造の変革と町村合併の歴史を政治・経済・文化などの各分野ごとに紹介。

※通史編下 近世・近代現代は、平成25年3月15日より販売いたします。

頒布価格

各巻3,500円(全巻B5判)

購入方法

直接購入および郵送購入

高崎市役所市民情報センター
(高崎市高松町35番地1 高崎市役所1階 電話027-321-1230)

直接購入のみ

高崎市榛名支所地域振興課
(高崎市下室田町900番地1 榛名支所2階 電話027-374-5117)

問い合わせ先

榛名支所地域振興課 電話:027-374-5117

ページの先頭に戻る

榛名山ヒルクライムin高崎・公募で小学生にスターター役を

榛名山ヒルクライムin高崎実行委員会事務局では、ヒルクライムレースのスタートの号砲を鳴らすスターター役を、公募により本市内の小学生に務めていただくこととしました。

本市の小学生がスターターを務めることで、全国22の都府県から集まる参加者に、市を挙げての歓迎の意を表そうというものです。

併せて、子どもから大人まで、初心者からベテランまで参加できる本大会の特徴を、アピールいたします。

募集の内容は以下のとおりです。

日時

平成24年5月19日(日)午前7時ヒルクライムレースがスタートし、エキスパートクラスから順次、カテゴリーごとに15グループ(予定)がスタートします。

場所

大森神社(下室田町)前の特設ステージ上にて、午前6時50分からの開会式終了後、スタートの号砲を鳴らします。号砲については安全面を考慮したピストルまたはエアホーンを使用いたします。

対象

市内在住か在学の小学3年生~6年生(大会当日の学年)

定員

15人。エントリー者数によりスタートグループ数が変わるため、増減あり

応募方法

はがきに、住所・電話番号・本人と保護者の氏名・本人の生年月日・在学の小学校名を書いて、〒370-3392 高崎市下室田町900-1 高崎市榛名支所地域振興課内 榛名ヒルクライムin高崎実行委員会事務局(電話:027-374-6715)へ

締切日

平成25年4月15日(月)当日消印有効

発表

4月26日(金)に本人と保護者あてに通知します。

その他

スターターを務めてくれた人には、記念品を贈呈します。

問い合わせ先

スポーツ課 電話:027-374-6715

ページの先頭に戻る

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726