平成24年6月定例記者会見

日時:平成24年6月7日 木曜日 午前11時~
会場:市役所6階市民対話室
案件:2件

第38回高崎まつりの開催日程について

今年の高崎まつりは下記のとおり開催いたします。

日時

平成24年8月4日(土)、5日(日)の2日間
注意:花火大会 8月4日(土)(荒天の場合は翌日)

交通規制

(1)中心市街地

  • 平成24年8月4日(土)午後1時~午後10時
  • 平成24年8月5日(日)午後1時~午後9時

(2)花火

平成24年8月4日(土)午後6時~午後10時

新たな取り組み

(1)被災地支援事業

東日本大震災の被災地から特産品を販売する団体等を誘致するとともに、おまつりワッペンの売り上げ収入の一部を被災地への義援金として寄付いたします。

(2)花火大会有料観覧席の増設について

このほど整備された烏川緑地(高松エリア)内に、有料観覧席(約1,500席)を新たに設けます。
これにより有料観覧席は、従来の和田橋上流河川敷会場と2会場になります。

その他

高崎まつり開催内容は現在調整中です。
詳細が決定次第改めて報告いたします。

問い合わせ先

観光課 電話:027-321-1257

ページの先頭に戻る

「高崎市サポートファイル」「こども発達支援ガイド」の作成について

「高崎市サポートファイル」

高崎市では、さまざまな生活場面で子どもの特性を適切に理解し、生涯にわたり安心で安全な生活を送ること、医療・保健・福祉・教育等の関係機関が情報を共有し、一貫した支援を受けられることを願ってサポートファイルを作成した。

目的

発達の遅れや発達に特性のある児童がいきいきと楽しく生活が送れるよう、関係者が共通の理解を持ち、サポートしていけるようにする。

ライフステージの変化にあたっては支援内容が円滑に引き継がれるようにし、一貫した支援が継続できるようにする。

発行機関

高崎市こども発達支援センター

配布対象者

高崎市在住の希望者

配布場所

高崎市こども発達支援センター(ホームページからダウンロード可)
健康課(保健センター)、障害福祉課、学校教育課、教育センター等

内容

プロフィール、生育歴、相談等の記録、成長の記録、相談機関・医療機関等のサポートマップ、生活面のサポート等 25ページ

形容

上記内容の記録用紙の入ったA5サイズ・厚さ1センチメートル程のクリアファイル

利用方法

  1. 保護者が保管し、必要に応じて幼稚園、保育所(園)、学校、療育機関、医療機関、相談機関等にファイルを掲示し内容を伝える。
  2. 入園・入学・進級などで新しいステージに進むときや、園・学校行事等特別な場面での活動のときなどに、保護者が「生活のサポート」に記載して本人に関する情報を伝える。(コピーして渡す等)
  3. 記載は保護者が行うが、保護者の依頼により関係機関が記載する。
  4. 母子手帳や支援計画など必要なものは、ファイルの中のクリアフォルダーに入れて収納する。
  5. 日常生活において配慮することや必要な支援が、関係者に引き継がれるようにする。

「こども発達支援ガイド Poco a poco(ポコアポコ)」

Poco a poco(ポコアポコ)とは、音楽用語で「少しずつ」という意味。ゆっくりと少しずつではあるが確実に成長していく子どもたちの芽を育むための保護者や関係者向けの冊子。

「音楽のある街・高崎」であることから、それぞれ違う個性をもちながら、少しずつ、確実に成長し、やがてすばらしい音色を奏でる子どもたちをイメージして作成した。

目的

発達障害の特性と対応方法や相談機関の情報などを周知し、保護者や子どもに関わる周囲の人たちの理解を深め、早期に支援できるよう啓発する。

配布対象

高崎在住の希望者及び相談支援機関
サポートファイルと一緒に配布するほか、随時希望者に配布する。

配布場所

こども発達支援センターほか関係機関

内容

発達障害の特性と対応(年齢ごとに気になることとその対応)
家族支援、こども発達支援センター、相談支援機関、療育関係機関の紹介

問い合わせ先

こども発達支援センター 電話:027-321-1351

ページの先頭に戻る

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726