平成23年8月定例記者会見

日時:平成23年8月4日 木曜日 午前11時~
会場:市役所6階市民対話室
案件:1件

東日本大震災及び原発事故に係る緊急つなぎ資金の拡充について

東日本大震災及び原発事故などの影響により、本市の農産物の価格は依然として低迷している状況にある中、暫定許容値を超える濃度の放射性セシウムを含む稲わらが県境を越えて流通し、給与した肉用牛から放射性セシウムが検出されたことにより、肉用牛の出荷停止や枝肉価格の下落など、本市の畜産農家への被害が拡大しています。

安心、安全な高崎産農畜産物を積極的にアピールして、消費者の依頼を回復すると同時に、農家の経営安定・経営維持を支援するための緊急つなぎ資金を充実することが求められます。

そこで、より利用しやすい資金として、次のとおり高崎市独自の「高崎市農業者災害等緊急対応資金制度」の拡充を実施します。

高崎市農業者災害等緊急対応資金制度の拡充

  1. 貸付限度額 個人・法人5,000千円を10,000千円に拡充する。
  2. 返済期限 5年を10年に拡大する
  3. 据置き措置 元金償還金の2年間据置措置を講じる。(利子は除く。)

施行期日

平成23年8月4日

高崎市農業者災害等緊急対応資金制度の概要

(1)融資機関

市内に本店又は支店を有する農業協同組合

(2)利子補給の対象となる融資

  1. 緊急決済用に必要とする経費
  2. 制度融資返済用のつなぎ資金とする経緯
  3. その他農業経営の維持に必要な経費として市長が認めるもの

(3)償還方法

各年元金均等償還
融資率 100パーセント以内

(4)市の利子補給

融資機関の貸付利率が2.1パーセント以内の場合にあっては当該貸付利率から0.1パーセントを減じた割合とし、貸付利率が2.1パーセントを超える場合にあっては2.0パーセントとする。 

融資機関には長期プライムレートにより資金融通をお願いしているので、最近の金利動向では農家の借入れ利率は0.1パーセントとなる。

問い合わせ先

農政政策課 電話:027-321-1317

ページの先頭に戻る

このページの担当

  • 広報広聴課
  • 電話:027-321-1205
  • ファクス:027-328-2726