防災まめ知識1(震度とマグニチュード)

震度の階級と屋内の状況

一覧
震度屋内の状況
震度0 人は揺れを感じない。
震度1 屋内にいる人の一部が、わずかな揺れを感じる。
震度2 屋内にいる人の多くが揺れを感じ、眠っている人の一部が目を覚ます。 電灯などが揺れる。
震度3 屋内にいる人のほとんどが揺れを感じる。 棚にある食器類が音をたてることがある。
震度4 かなり恐怖感があり、眠っている人のほとんどが目を覚ます。 つり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音をたてる。
震度5弱 多くの人が身の安全を図ろうとする。 つり下げ物は激しく揺れ、棚にある食器類などが落ち、家具が移動することもある。
震度5強 非常な恐怖を感じる。テレビが台から落ち、たんすなどの重い家具が倒れることがある。 変形によりドアが開かなくなることがある。
震度6弱 立っていることが困難になる。固定していない家具の多くが移動、転倒する。 開かなくなるドアが多い。
震度6強 立っていることができず、這わないと動くことができない。 固定していない家具のほとんどが移動転倒する。戸が外れて飛ぶことがある。
震度7 揺れにほんろうされ、自分の意志で行動できない。 ほとんどの家具が大きく移動し、飛ぶものもある。

震度とマグニチュードの違いは?

マグニチュードとは地震そのものの規模のことをいいます。 震度はそれぞれの場所での揺れの強さを表し、震源からの距離や状態などによって異なってきます。
一般にはマグニチュードが大きくても震源から離れていれば震度は小さくなります。

震度とマグニチュードの違い

 

このページの担当

  • 防災安全課
  •  防災安全担当
  • 電話:027-321-1352