上野国分寺跡

高崎市にある指定文化財 国指定

復元された国分寺金堂の基壇

金堂の基壇(復元)

復元された国分寺土塀

築垣(復元)

奈良時代の天平13年(741)、聖武天皇は国ごと(約60)に僧寺と尼寺を造ることを命じました。これが国分寺で、後に僧寺が国分寺と言われるようになりました。

当時、群馬県は上野国と呼ばれており、その国分寺は今の群馬地区と前橋市との境近くに建てられました。上野国分僧寺の広さは約200メートル四方、周囲に土塀を巡らし各辺の中央に門が作られました。中央に金堂、奥に講堂があり、金堂の南西側に七重塔が建てられました。

群馬県教育委員会により金堂・塔の基壇や築垣(ついがき)が復元され、またガイダンス施設も設けられています。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295