高崎市ハザードマップ

高崎市ハザードマップが新しくなりました!


ハザードマップ表紙

平成26年9月1日に新たなハザードマップを作成しました。

新たなハザードマップは市内を7地域に分けて作成し、従来のマップ形式から冊子タイプとすることで災害種別ごとの被害の特徴や災害に対する備えについてもより詳しく掲載しています。 

このページからPDF版をダウンロードできる他、9月1日号の「広報高崎」と同時に全世帯に配布するとともに、転入者へは転入手続き時に配布します。また、防災安全課及び各支所地域振興課の各窓口で配布しています。

ハザードマップとは

高崎市ハザードマップは、大雨によって発生する可能性がある洪水や土砂災害について、発生が予想される箇所や範囲を指定避難所とともに示したものです。

高崎市指定避難所

洪水の状況については、高崎市を流れる利根川、烏川、碓氷川、井野川、榛名白川、鏑川、神流川に想定される大雨が降った場合に引き起こされる浸水の規模を国及び県が予測して公表した図(浸水想定区域図)をもとに作成しています。

土砂災害の状況については、土砂災害発生の危険性がある場所について、県が調査した結果(土砂災害警戒区域図)をもとに作成しています。  

これらのマップをご覧いただき、お住まいの地域における洪水や土砂災害の危険性を正しく理解し、日頃からの備えや、万が一洪水や土砂災害が発生したときの避難の際にお役立てください。 

 高崎市ハザードマップ

全体イメージ

関連情報

このページの担当

  • 防災安全課
  •  防災安全担当
  • 電話:027-321-1352