安楽寺古墳

高崎市にある指定文化財 県指定

安楽寺古墳

安楽寺古墳の墳丘

石室

石室実測図

安楽寺古墳は、高崎市倉賀野町の安楽寺境内にある、7世紀末頃に造られた円墳です。

墳丘は現況で径約20メートル、高さ4メートルの規模があり、周囲には堀があった可能性が高いと思われます。

埋葬主体部は、石棺式石室という珍しい形態で、凝灰岩の切石が使用されています。近畿地方にみられる横口式石槨との関連がうかがえるもので、地域の有力者が埋葬されたと考えられます。

石室内の壁には7体の仏像が彫られており、これらは鎌倉時代の作と推定されます。

秘仏として12年に1度だけ開帳されます(直近の開帳は平成25年4月)。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295