倉渕村長井石器時代住居跡

高崎市にある指定文化財 県指定

倉渕村長井石器時代住居跡 長井石器時代住居跡 

昭和28(1953)年、開田作業中に縄文時代後期の住居跡が発見されました。この住居跡は敷石住居と呼ばれるもので、床面には板状の石が敷き詰められています。住居跡の中央に炉跡があり、そこから70センチメートル離れた西側には平石に囲まれた箱状の遺構がありました。遺物は、縄文時代後期の土器や磨製石斧・石棒などが出土しました。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295