里見の大ナシ

高崎市にある指定文化財 県指定


里見の大ナシ

里見の大ナシは上里見町字上神の清水家敷地内にあります。

榛名地区は群馬県一の梨の産地として知られています。ナシの栽培は1868(明治元)年に当時18歳の富沢小平治が勢多郡木瀬村(現前橋市)から数種の苗を取り寄せ、試植したことから始まりました。

里見の大ナシはこのときの苗木の一本といわれています。樹齢は130年余り、樹高は約12メートルあります。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295