高崎城乾櫓

高崎市にある指定文化財 県指定

高崎城乾櫓

移築・整備された乾櫓

乾櫓南面之図

「御門御櫓両刎橋武者雪隠絵図」より
乾御櫓南面之図(櫻井家旧蔵「高崎城絵図並びに文書」)

乾櫓はもとは高崎城本丸の北西、戌亥(いぬい)の方角にあった櫓です。

『高崎城大意』によると、「もとこの櫓こけらふきにて櫓作りになし、二階も無く土蔵などの如くなるを、先の城主腰屋根をつけ櫓に取り立て」とあります。

「先の城主」とは7代藩主安藤重博(1657~1695)のことと考えられているので、乾櫓は17世紀末頃に改築されたと推定されています。

明治維新後に払い下げとなり、近郊の農家で納屋として使用されていたものを、昭和51年現在の位置に復元移築しました。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295