剣崎天神山古墳出土品

高崎市にある指定文化財 県指定

 

 滑石製模造品 滑石製模造品一覧 

高崎市北西部の剣崎町にあった天神山古墳は、直径約30メートルの円墳(丸い古墳)です。この古墳から土採りをした際に、鏡や鎌、手斧(ちょうな)、杵(きね)、刀子(とうす:小刀)、壷などをまねて作った滑石製模造品※7種類78点と、琴柱(ことじ)の形をした石製品が1点発見されました。

滑石製模造品を古墳に納める風習は、古墳時代の中ごろ西暦400年代(5世紀)に盛んに行われていました。

※滑石:ろう石などと呼ばれるやわらかく、加工しやすい石です。ナイフなどで、簡単に形を変えることができます。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295