木造十一面観音立像本尊・木造十一面観音立像前立像

高崎市にある指定文化財 県指定


木造十一面観音立像本尊

白岩観音長谷寺は坂東三十三番観音霊場の第十五番札所です。本尊の木造十一面観音立像は、全高229.6センチ、像高179.8センチで、カヤ材の一本割矧造で、平安時代後期(11世紀末~12世紀)につくられたものです。県内で平安時代の仏像は少なく、大変貴重なものです。前立像はヒノキの寄木造で、全体に金箔が押されている鎌倉時代末につくられたものです。

巡礼者の参拝の対象は本尊の木造十一面観音立像ですが、秘仏とされ一般に公開されているのは前立像です。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295