染色・江戸小紋 藍田 正雄

高崎市にある指定文化財 県指定

藍田正雄氏

藍田さんの作業風景

板引き杢模様

型紙を使って糊を載せた状態の 板引き杢模様

藍田正雄さんは、昭和15年茨城県に生まれ、昭和18年に高崎市に移り住み、小学生の時から小紋職人であった父春吉さんのもとで修行を積みました。自ら開発した「板引き杢」という木目を思い起こさせる模様や「江戸小紋深山染め」と呼ばれる傘地を染める技法を小紋染めに取り入れた染色法の復元等、これまでの伝統的な技術の中に新しい技法を加えることによって、江戸小紋の技術を高度に体現できる者として平成11年に群馬県指定重要無形文化財保持者に認定されました。

昭和58年には日本工芸会正会員となり、昭和61年の日本伝統工芸染色展文化庁長官をはじめとして数々の賞を受賞する等、その業績は高く評価されています。また、海外においても小紋の実演等を精力的に行い、わが国の伝統工芸の普及に積極的に取り組むとともに、伝統的な技術を後世に伝えるため、後継者の育成にも力を注いでいます。

江戸小紋とは江戸時代に武士の裃(かみしも)や式服の染色法として盛んに行われていた型紙を用いて精緻な文様を染める技法で、江戸中期には町人の間にも普及し、現代に至りますが、大正時代以降江戸小紋と呼ばれるようになったものです。

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295