将軍塚古墳 附 周濠出土の底部穿孔壺型土器等一括資料

高崎市にある指定文化財 市指定

古墳

元島名将軍塚古墳

土器

周濠(周堀)出土の土器

将軍塚古墳は、元島名町ある墳丘全長95メートルの前方後方墳で、4世紀前半に造られたと推定されます。前方部頂上には島名神社が鎮座しています。

明治44(1911)年の社殿建築工事の際に前方部が一部掘削され、その時に埋葬施設である全長1.8メートルの粘土槨(ねんどかく)が発見されました。粘土槨からは、鏡、石釧(いしくしろ)、木片(棺の一部の可能性がある)が出土し、現在は東京国立博物館に保管されています。また、頭骨の破片、やりがんな、刀片、粘土の塊(粘土槨の一部か)などもみつかっています。

昭和55(1980)年におこなわれた発掘調査では、後方部北東側の裾部と北東側くびれ部の裾部から、底部に孔のある壺形土器(底部穿孔壺)が出土しました。 これらは出土状況からみて、後方部の頂上に並べられていた土器が、裾部へ向けて転落したものと考えられます。

壺形土器(底部穿孔壺)は、東海地方西部のものに形態が類似しています。指定されている土器は、現在高崎市歴史民俗資料館に展示されています。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:元島名将軍塚古墳 附 周濠出土の底部穿孔壺型土器等一括資料 (もとしまなしょうぐんづかこふん つけたり しゅうごうしゅつどのていぶせんこうつぼがたどきとういっかつしりょう)
  • 指定年月日:昭和48年1月31日

    平成3年3月1日(附として土器等一括資料を追加指定)

  • 所在地:高崎市元島名町 地図(地図情報システムを新しいウインドウで表示)
  • 国指定文化財等データベース

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295