三島塚古墳

高崎市にある指定文化財 市指定

測量図
三島塚古墳の測量図

幅14メートルの堀をめぐらした直径58メートル、高さ5.5メートルの大きな円墳です。

古墳の側面には葺石(ふきいし)がほどこされ、埴輪も配列されています。『上毛古墳綜覧(じょうもうこふんそうらん)』という本によれば、石棺が出土し、明治27年に発掘されて鏡や刀、勾玉(まがたま)などが出土したとされていますが、その所在は不明です。

古墳の上には三島神社が祀られており、古墳の呼び名はここからきたのでしょう。5世紀の始め頃に造られた古墳と考えられ、彦狭島王(ひこさしまおう)の墓との言い伝えもあります。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295