元ロシア人兵士の墓

高崎市にある指定文化財 市指定

 兵士の墓 元ロシア軍兵士の墓 

高崎公園の南にある竜広寺境内の元陸軍墓地に、ロシア軍兵士の墓があります。日露戦争の時、ロシア軍の捕虜10名が竜広寺に抑留されていました。そのうち傷病兵であったニコライ・トカチューク、ステパン・シュレノーク、サムプリン・メルニチェンコの3人が亡くなり、この陸軍墓地に葬られました。その後、第2次世界大戦中の混乱期には破壊される恐れもあり、地下に埋めて隠されたこともありました。 昭和51年になって、日ソ協会高崎支部、竜広寺住職などの手により改修されました。

地面に伏せられた西洋式の平板な3基の墓碑には、上部にロシア語で銘文が記され、中央に大きな十字架が彫られ、その左右に日本語で彼らの所属部隊、階級、年齢、没年が刻まれています。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295