僧戒定の供養塔

高崎市にある指定文化財 市指定

 供養搭 僧戒定の供養搭 

戒定(かいじょう)は寛延3(1750)年、永井家に生まれました。20歳で豊山に入り、のち大塚護国寺、さらに豊山に登り地蔵院に住み、享和3(1803)年には江戸中野の宝仙寺の第40代の住職になりました。

著書には「二十唯識帳秘録二巻」をはじめ多くの名著があり、永井家の庭前に供養碑があります。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:僧戒定の供養搭(そうかいじょうのくようとう)
  • 指定年月日:昭和57年4月1日

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295