小栗上野介忠順終焉の地

高崎市にある指定文化財 市指定

 終焉の地 小栗上野介忠順終焉の地 

慶応4(1868)年閏4月5日、上野介と家臣3人は捕縛され何の取り調べもなく、翌日水沼川原において斬首されました。上野介42歳でした。終焉の地には、「偉人小栗上野介罪なくして此所に斬らる」と刻まれた碑が、昭和7(1932)年地元の有志等によって建てられました。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295