権田城跡

高崎市にある指定文化財 市指定

  権田城跡

自然の地形を巧みに利用した不規則な珍しい形式の丘城です。伝承では権田淡路守の居城といわれています。永禄年間、武田氏が西上州に侵入してきたとき、大戸浦野氏に支配された記録が残っています。

付近からは鎌倉期の板碑や五輪塔などが発見されています。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:権田城跡(ごんだじょうあと)
  • 指定年月日:昭和57年4月1日
  • 所在地:高崎市倉渕町権田 地図(地図情報システム)

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295