観音山小栗邸跡

高崎市にある指定文化財 市指定

 小栗邸跡 観音山小栗邸跡 

江戸から権田村に隠棲した小栗上野介は、東善寺を仮住まいとし、観音山に田畑と用水路を開発し、邸宅の普請をすすめました。

しかし、それも、東山道総督府から「陣屋厳重に構え」と追討の口実となり、完成には至りませんでした。

用水路は今も利用され、屋敷跡には礎石が残されています。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:観音山小栗邸跡(かんのんやまおぐりていあと)
  • 指定年月日:昭和57年4月1日
  • 所在地:高崎市倉渕町権田 地図(地図情報システム)

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295