善龍寺の内藤塚

高崎市にある指定文化財 市指定

 内藤塚 善龍寺の内藤塚 

善龍寺は曹洞宗の寺で、山号は満行山です。武田信玄による箕輪城攻略の際、炎上しました。その後、信玄はもともとの神明山を満行山とあらため、再築を城代内藤昌豊に命じ、その子昌月が再建しました。父子の五輪塔は寺の南にあり、内藤塚または開基塚と呼ばれています。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:善龍寺の内藤塚(ぜんりゅうじのないとうづか)
  • 指定年月日:昭和48年7月31日
  • 所在地:高崎市箕郷町生原 地図(地図情報システム)

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295