伝箕輪城主長野業盛の墓

高崎市にある指定文化財 市指定

 長野業盛の墓 伝箕輪城主長野業盛の墓 

長野氏は箕輪城を拠点に西群馬の武士団を統括した戦国武将です。上杉氏側に組したため、武田信玄から度々攻撃を受けました。永禄9(1566)年落城し、城主長野業盛(なりもり)は自害し、長野氏は滅びました。

自害した業盛を哀れんだ僧が遺体をもらいうけ、井出の地に葬ったとされています(箕輪軍記)。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295