愛宕山古墳

高崎市にある指定文化財 市指定

 愛宕山古墳

この古墳は、7世紀頃に作られた直径約30メートル、高さ約3メートルの円墳です。頂上に愛宕神社が祀られています。

死者を収めた石室が良好に残っています。石室は、狭い通路(羨道)の奥に広い部屋(玄室)を持つ形式で、横穴式両袖型石室と呼ばれています。その規模は、全長約9メートル、玄室長3.2メートル、同最大幅2.1メートル、高さ2.3メートルという大規模なもので、巨石を積み上げる技術には見るべきものがあります。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:愛宕山古墳(あたごやまこふん)
  • 指定年月日:平成元年12月4日
  • 所在地:高崎市金古町 地図(地図情報システム)

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295