神流川合戦首塚

高崎市にある指定文化財 市指定

 首塚  神流川合戦首塚 

天正10(1582)年、京都に上ろうとした滝川一益とそれを阻止しようとした北条氏直、氏邦の連合軍が神流川で戦いました。この神流川合戦で勝利した北条方が、討死した武士の首を検視し埋葬したため、この地を実見塚(字名)というようになりました。

現在10区老人クラブが新たに石祠を建てて霊を慰め、毎年4月には春季例祭が行われています。また、すぐ近くに胴塚(岡之郷)もあります。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:神流川合戦首塚(かんながわかっせんくびづか)
  • 指定年月日:昭和55年1月10日
  • 所在地:高崎市新町 地図(地図情報システム)

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295