鷹留城跡

高崎市にある指定文化財 市指定

  鷹留城跡

鷹留城跡は明応年間(1492~1500)に長野業尚によって下室田町字城山の地に築城され、永禄9(1566)年に武田信玄との戦いで落城するまでの間、長野氏四代の居城として構えられました。城跡は南北430メートル、本丸の高さは東側の谷から70メートルあり、山城の規模としては県内でも有数の大きさです。また、本丸跡をはじめ大手口、井戸、水路や各種遺構が原形を残している貴重な史跡です。

文化財情報

  • 指定種別:高崎市指定史跡
  • 名称:鷹留城跡(たかとめじょうあと)
  • 指定年月日:昭和57年4月1日
  • 所在地:高崎市下室田町 地図(地図情報システム)

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295