本郷塚中古墳群

高崎市にある指定文化財 市指定

 
本郷塚中古墳群

本郷塚中古墳群は、本郷町字塚中にある古墳時代後期の古墳群です。群馬用水土地改良事業の実施に伴い、昭和45、46年に発掘調査が実施され、東西220メートル、南北320メートルという狭い範囲に、実に65基もの古墳が集中しているのが発見されました。

古墳群中最大のものは第53号古墳で、墳丘直径約25メートル、幅約12メートルの周堀がまわりにある円墳です。有力豪族の墓として、6世紀後半に築造されたものと考えられています。また、古墳群中最古のものは第21号古墳で、墳丘直径13メートルで古墳群内で唯一埴輪を持つ竪穴式石室系のもので6世紀中頃の築造と考えられています。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295