火打鍛冶職中野孫三郎一族墓

高崎市にある指定文化財 市指定

 中野孫三郎一族墓 火打鍛冶職中野孫三郎一族墓 

吉井の火打金は江戸時代に始まり、マッチの普及する明治30年頃まで製造・販売された。吉井の火打金は良質で種類も多いことから、江戸をはじめ各地で評判を博した。中でも中野屋一族の火打金は有名で、全国にその名を馳せた。この火打金鍛冶職の中野孫三郎兼重一族の墓は、延命密院の東の丘陵上に、現在9基の墓碑がある。また、中野屋一族の資料として、「のれん」・「吊し看板」・「版木」が残り、吉井火打金の貴重な資料として保存されている。

高崎市吉井郷土資料館では、火打金に関する資料を多数展示している。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295