長根城跡

高崎市にある指定文化財 市指定

 長根城跡

長根、上野場段丘の東端一帯を占める中世の丘城である。字宿から直登する坂を今でも城坂とよび、この坂を境にして東に本丸、西の二の丸を配した一城別郭の構えである。本丸は東西100メートル南北80メートル、四周の堀跡は今も所々現存している。二の丸の堀は本丸の南100メートル、西150メートルに鍵の手につくられ、小河原家西にその一部、旧態をとどめている。外郭は南150メートルの常行院の境内にまで及び、鉄砲馬場とよばれる直線道の錬馬(れんば)場は上野場と安坪を結ぶ町道がほぼそれである。

戦国時代、長根衆の本拠であるが、上杉、武田、北条、小幡氏と所属を変えた。城将は上田の生島足島(いくしまたるしま)神社起請(きしょう)文として、名を残し納めている。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295