中林遺跡

高崎市にある指定文化財 市指定

  中林遺跡

馬庭字中林にある遺跡で、古墳・中世館跡・中世宝塔・板碑・五輪塔・宝篋印塔などが含まれ、複合遺跡として重要である。

  1. 古墳は地四郎塚と言われ、昭和10年に刊行された「上毛古墳綜覧」入野村編で2号に登録されている。円墳で高さ1.8メートル、径2.97メートル、面積99平方メートルとなっている。
  2. 宝塔は南北朝時代の作で、凝灰岩を使用している。宝身と基礎石のみが残っている。高さ64センチメートル、幅55センチメートル。中世宝塔の一種で貴重なもの。地元では地四郎大明神として祀っている。
  3. 館跡は中世中林館跡の主郭部分にあたる。北側は山を背負い、東西は谷を利用し堀で区画している。主郭部周囲にも堀土塁などの遺構を残す。中世馬庭氏との関連を知る上で重要である。
  4. その他、板碑・五輪塔・宝篋印塔など、石造物供養塔類が残存する。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295