特別警報の運用がはじまりました

特別警報とは

気象庁は、平成25年8月30日(金)に特別警報の運用を開始しました。

気象庁はこれまで、大雨や津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に、新たに特別警報を発表して最大限の警戒を呼び掛けます。

特別警報が対象とする現象

気象等

気象等については、台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合などを特別警報の対象とします。

地震

地震については、震度6弱以上の緊急地震速報を特別警報に位置づけています。

火山

火山噴火については、現行の噴火警戒レベル1から5のうち、上位の4及び5に相当する噴火警報、また、噴火警戒レベルを運用していない火山については噴火警報(居住地域)を特別警報として、従来の名称のまま発表します。

特別警報が発表されたら

特別警報が発表されたら、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあるため、周囲の状況や避難指示や避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

また、大雨等の被害を防ぐには、時間を追って発表される気象情報等や市の防災情報を活用して、早め早めの行動をとってください。

問合せ先等

特別警報の詳細については、気象庁にご確認ください。

気象庁ホームページ

気象庁前橋地方気象台防災業務課

電話:027-231-1404

このページの担当

  • 防災安全課
  •  防災安全担当
  • 電話:027-321-1352