行政評価

高崎市では、より良い行政サービスの提供をめざして平成 15年度から「行政評価(事務事業評価)」を本格的に導入しました。

行政評価システムの目的

事務事業について、事業を実施した実績データを基に、事業の必要性や効果及び効率性(コスト改善状況)や有効性(目標達成状況)を定期的に測定・評価(事後評価)することにより次の効果を目指す。

  1. 職員の意識改革及び事務事業等の質の向上
  2. 効率的な財政運営
  3. 市民に対する行政の説明責任(アカウンタビリティ)の遂行及び市民参加の促進
  4. 総合計画の実効性(実現性と有効性)の確保

行政評価システムの基本方針

  1. 事業実施後の客観的なデータを抽出・測定することにより事業の改善につなげる
  2. 各担当部課が自主的に事務事業の推進・見直しに取り組むことを第一義に置く
  3. 行政評価システムを全庁共通の行政運営の道具として活用する
  4. 一過性のシステムではなく、行政サイクルの中に組み込み、段階的に精度を高める

評価の実施方法

行政評価の具体的な実施方法については、こちらをご覧ください。

高崎市行政評価システムの実施方法

評価結果

一覧
評価年度評価対象評価結果
平成20年度 第5次総合計画・前期実施計画 事務事業評価結果 事務事業評価シート
平成21年度 事務事業評価結果 事務事業評価シート
平成22年度 改定版・第5次総合計画・前期実施計画 事務事業評価結果 事務事業評価シート
平成23年度

改定版・第5次総合計画・前期実施計画

中核市改定版(追加修正分)

事務事業評価結果 事務事業評価シート

 行政評価シート・事務事業評価シートの見方

※新市基本計画・実施計画については、個別の評価シートの代わりに評価結果一覧を用いています。

まちづくり市民意識調査

ご協力いただきました方々に心からお礼申し上げるとともに、この調査結果は、今後の市政を進めていく上で、貴重な資料として活用させていきたいと考えています。

第1回調査(平成19年度実施)

目的 

 高崎市政に対する市民の評価や考えなどをたずねるとともに、市民のニーズを把握し、高崎市第5次総合計画の策定に反映することを目的として実施しました。

調査方法

  • 調査期間:平成19年4月23日~5月10日
  • 調査対象:満20歳以上の高崎市民から無作為に抽出した5,000人
  • 調査方法:調査票を郵送配布、郵便回収

調査結果

第2回調査(平成22年度実施)

目的 

高崎市政に対する現時点における市民満足度を確認することにより、各施策の成果の達成度合いを測定し、評価をするとともに、今後の施策の目指すべき方向性や、より良い施策を展開していくための基礎資料を得ることを目的として実施しました。

調査方法

  • 調査期間:平成23年2月7日~2月25日
  • 調査対象:満20歳以上の高崎市民から無作為に抽出した5,000人
  • 調査方法:調査票を郵送配布、郵便回収

調査結果

地方行政サービス改革の取組状況等の公表について

高崎市における地方行政サービス改革の取組状況について公表します。

地方行政サービス改革の取組状況等(PDF形式 101KB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 企画調整課
  • 電話:027-321-1202
  • ファクス:027-330-1960