山名八幡宮本殿・幣殿

高崎市にある指定文化財 市指定

 大改修後の本殿

 屋根下の神獣

山名八幡宮は社伝によれば、源氏の一族、新田氏の祖義重の子義範が山名城にあって、安元年中(1175~1177)に豊前の国(大分県)の宇佐八幡を勧請して、社殿を造営し、武神として崇敬したのを始めとしています。

玉依比売命(たまよりひめのみこと)、品陀和気命(ほんだわけのみこと:応神天皇)、息長足姫命(おきながたらしひめみこと:神宮皇后)の三柱を祭柱として祀り、古くから安産や子育ての守護神として、また養蚕や商売繁昌の神として有名です。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295