天神峠の石燈籠

高崎市にある指定文化財 市指定

石燈籠 天神峠の石燈籠

天神峠の石燈籠は榛名湖を望む天神峠の頂上に建てられています。文化2年(1815)に江戸本所の豪商塩原太助が寄進したとされ、高さ7メートル以上もあり、天神峠の絶景にふさわしい雄大なものです。本来は別の場所にあったが昭和57年(1982)に現在の場所に移設されています。塩原太助は、この石燈籠のほかにも榛名神社に数個の寄進を行っています。

文化財情報

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295