多胡碑記念館(吉井いしぶみの里公園内)

多胡碑(国指定特別史跡)は、奈良時代初期にあたる和銅4(711)年に新しく多胡郡が誕生したことを記した記念碑で、日本三古碑の一つに数えられています。また、市内にある山上碑・金井沢碑(それぞれ国指定特別史跡)とともに上野三碑(こうずけさんぴ)と総称され、古くから親しまれてきました。
多胡碑に隣接する多胡碑記念館では、古代多胡郡をしのばせる考古資料や、多胡碑の碑文の書風にかかわる中国の刻石の拓本などを展示しています。周囲は緑あふれる吉井いしぶみの里公園として人々の憩いの場ともなっており、『万葉集』東歌に詠まれる歌枕「多胡」の風景をのぞむことができます。

多胡碑1 多胡碑2 多胡碑3

多胡碑記念館と吉井いしぶみの里公園(写真左)、多胡碑覆屋(写真中央)、多胡碑(写真右)

お知らせ

上野三碑公式ウェブサイトへ

多胡碑記念館の年間スケジュール

平成29(2017)年
催し物会期内容
7~8月 大賀蓮写真展 7月15日(土)~8月6日(日)
終了しました。
吉井いしぶみの里公園に咲く大賀蓮を題材とした写真を公募展示。
10~12月 特別展「多胡郡の郷と人々~古代の多胡郡にはこんな人たちがいた~」 10月24日(火)~12月10日(日) 多胡郡の人々から上野国分寺へ納められた瓦のうち、寄進した人の名前と住んでいた地域名が書かれている瓦など63点を展示します。また、文字が刻まれた糸を紡ぐ石製の紡錘車(ぼうすいしゃ)や土器も紹介します。
平成30(2018)年
催し物会期内容
1~2月 第21回多胡碑記念館
吉井こども書道展(予定)
1月下旬~2月上旬(予定) 吉井地域の小学校5、6年生及び中学校1、2年生対象の公募書道展。会期中に、優秀作品の表彰式を開催する予定。
2~3月 多胡碑・第15回記念群馬書作家展 2月24日(土)~3月25日(日)(予定) (一社)群馬県書道協会による作品展。なお、第2会場の吉井文化会館は3月8日(木)~3月18日(日)の予定。
3月 上野三碑一般公開 3月9日(金)、10日(土)、11日(日)の各日とも午前9時から午後3時まで 普段は閉じられている多胡碑・山上碑・金井沢碑の各覆屋の扉を開けて、上野三碑を一般公開します。

ご注意:イベント、会期などは決定次第更新していきます。なお、日程・内容は変更となる場合があります。ご了承ください。

利用案内

利用案内
観覧時間・観覧料・休館日・交通手段等の案内

申請書

小・中学生および高校生の引率者が学校活動の一環として見学する場合には、観覧料が免除されます。
いずれも事前申請が必要です。日程をご連絡のうえ、来館日の1週間前を目安に申請書を提出してください。

関連情報リンク

このページの担当

  • 多胡碑記念館
  • 電話:027-387-4928
  • ファクス:027-387-8726