多胡碑記念館(吉井いしぶみの里公園内)

多胡碑記念館について

多胡碑(特別史跡)は、奈良時代初期にあたる和銅4年(711)に新しく多胡郡が誕生したことを記した記念碑で、日本三古碑の一つに数えられています。また、市内にある山上碑・金井沢碑(それぞれ特別史跡)とともに上野三碑(こうずけさんぴ)と総称され、古くから親しまれてきました。平成29年(2017)10月31日、上野三碑はユネスコ「世界の記憶」に登録されました。

多胡碑に隣接する多胡碑記念館では、古代多胡郡をしのばせる考古資料や、上野三碑のレプリカ(複製品)、多胡碑の碑文の書風にかかわる中国の刻石の拓本などを展示しています。周囲は緑あふれる吉井いしぶみの里公園として人々の憩いの場にもなっております。

多胡碑1 多胡碑3 多胡碑2

多胡碑記念館と吉井いしぶみの里公園(写真左)、多胡碑(写真中央)、多胡碑覆屋(写真右)

お知らせ

上野三碑公式ウェブサイトへ

ユネスコ「世界の記憶」 上野三碑 最新情報のページへ

多胡碑記念館の令和2年度スケジュール

令和2年(2020)
催し物会期内容
4~6月 上野三碑かるた原画・原書展
(終了しました)
5月16日(土)~6月28日(日) 「上野三碑かるた」の完成を記念して、かるた絵札・読み札の原画・原書を展示します。そのほか、原画のスケッチや、宣伝動画なども公開します。
7~9月 夏の企画展示「こどものための上野三碑かるた~上野三碑かるたがおもしろい!~」 7月23日(木・祝)~9月13日(日) かるたに登場する史跡・文化財を、拓本や発掘された埴輪・瓦、写真等で、'こども向けにわかりやすく紹介する展示です。
10~12月 第42回企画展示「金井沢碑の遺産~古代豪族と仏教」 10月28日(水)~12月6日(日) 上野三碑のユネスコ「世界の記憶」登録3周年を記念して、金井沢碑を中心とした企画展示を開催します。県内の古代豪族と仏教の関係を通じて、金井沢碑建立の意義を考えます。
令和3年(2021)
催し物会期内容
1~2月 第24回多胡碑記念館 吉井こども書道展(予定) 1月中旬~2月上旬 吉井地域の小学校5、6年生及び中学校1、2年生対象の公募書道展です。会期中に優秀作品の表彰式を開催する予定です。
2~3月 多胡碑・第18回群馬書作家展(予定) 2月下旬~3月下旬(第1会場多胡碑記念館) (一社)群馬県書道協会・群馬書作家展運営委員会による作品展です。
3月 上野三碑一般公開(予定) 3月上旬 普段は閉じられている山上碑・多胡碑・金井沢碑の各覆屋の扉を開けて、上野三碑を一般公開します。

ご注意:イベント、会期などは決定次第更新していきます。なお、日程・内容は変更となる場合があります。ご了承ください。

利用案内

おうちで多胡碑記念館

自宅で拓本体験や多胡碑記念館の展示室をお楽しみください。

申請書

通常、小・中学生および高校生の引率者が学校活動の一環として見学する場合には、観覧料が免除されます。いずれも事前申請が必要です。

なお、上野三碑「世界の記憶」登録を記念し、令和3年(2021)3月31日(水)まで観覧料を無料としています。

当該期間の来館については申請は不要ですが、他の団体・学校との見学日程を調整する必要があるため、事前に電話で連絡してください。

関連情報リンク

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 多胡碑記念館
  • 電話:027-387-4928
  • ファクス:027-387-8726