高崎市緑の基本計画

概要版

緑の基本計画は、都市緑地法第4条に基づき、市町村が長期的な目標のもとに定める、緑とオープンスペースに関する基本計画です。

本計画は、将来の緑の望ましい姿を定め、それを実現する緑の保全、公園の整備、公共施設や民有地の緑化、緑化の意識の普及啓発などを含めた施策の方針を明らかにし、緑豊かなまちづくりを総合的・計画的に推進する指針とするとともに、市民・事業者・市が連携・協働を図るうえでの共通の土台とするために策定するものです。 

高崎市緑の基本計画概要版(PDF形式 5.4MB)

1.緑の基本計画の概要

緑の基本計画は、都市緑地法第4条に基づき、市町村が長期的な目標のもとに定める、緑とオープンスペースに関する基本計画です。

2.高崎市の緑の現況と課題

高崎市の緑の分布は、榛名山麓等の森林が西部に広がり、烏川沿いと丘陵部や市街地の郊外部には農地が広がるという構成となっており、市域を貫くように烏川が流れています。広い市域を有する高崎市には、都市の緑から、農地、森林などの多様な緑が見られることが特徴であるといえます。 そこから4点の課題を提起しています。

3.緑の基本計画の目標と基本方針

本計画では、「まち・おか・さと・やま」の多様な特性を有する緑や花と、烏川を中心とした「かわ」が豊かに結びつき、高崎市民である「ひと」の思いと行動によって、環境に配慮した都市を目指すものとし、緑の将来像と、「まち・おか・さと・やま・かわ」の緑と「ひと」の目指す姿を目標として5つの基本方針を設定します。

4.緑化重点地区

まち・おか・さと・やまの緑ゾーン・かわの回廊に対応して、緑化の推進を図るべき地区と、自然を活かした公園の整備などを重点的に推進する6地区を緑化重点地区として位置づけます。これらのエリアは、今後モデル的な整備を進め、緑のまちづくりを先導していく役割を担っています。

5.計画の推進体制

市民・事業者・行政の協働 を軸に連携・協働によって計画の推進強化に努めていきます。

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 公園緑地課
  • 電話:027-321-1272
  • ファクス:027-323-5296