高崎公園

市庁舎の南側に隣接する高崎公園は、明治9年、旧高崎城南西の頼政神社に隣接した大染寺の跡地に造られました。 明治33年に市制施行された時に高崎公園と呼ばれるようになり、昭和30年、近隣公園として都市計画決定された高崎では2番目に古い公園です。

平成14年から改修工事を行い、現在は明るく広い公園となり、休日は家族連れでにぎわっています。 春は満開の桜の下でお花見、夏は木陰で噴水を楽しみ、秋は銀杏の落ち葉を踏みしだき、冬は木漏れ日のもとを散策するなど、四季を通じて憩える公園です。

公園内の池と噴水

複合型の遊具

このページの担当

  • 公園緑地課
  • 電話:027-321-1272
  • ファクス:027-323-5296