戸籍届出時の本人確認について

最近、本人の知らない間に第三者から虚偽の婚姻届、養子縁組届等の届出が不正になされるという事件が全国的に増えています。
こうした虚偽の届出を抑止するため、戸籍法が改正され平成20年5月1日から、窓口に来られた方の本人確認が必要になります。
市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

本人確認をさせていただく届出

  • 婚姻届
  • 協議離婚届
  • 養子縁組届
  • 協議養子離縁届
  • 認知届
  • 認知の効果を持つ出生届
  • 不受理申出書(不受理取下げ申出書)

本人確認の方法

届出の際に、「運転免許証」「パスポート」など、官公署発行の身分証明書をご提示ください。
保険証、年金証書など、顔写真の貼付されていない書類の場合は、複数ご提示いただく必要があります。  
届出人以外の方が代理で届書をお持ちになった場合は、その方ご本人についても同様に本人確認をいたします。

届出時に本人確認ができない場合

届出されたご本人あてに届出があったことを、後日、郵便等でお知らせいたします。
また、休日および夜間窓口にて届出された場合も、同様の扱いになります。
注意:不受理申出書(不受理取下げ申出書)は、本人確認ができない場合、受け付けできません。

このページの担当

  • 市民課
  •  戸籍担当
  • 電話:027-321-1234
  • ファクス:027-328-6924