高崎市内小中学校プール水の放射性物質の測定について

高崎市教育委員会では、プール水の放射性物質について、開栓時に検査を実施しています。なお、測定場所については、高崎市内の小中学校のうちから3校を抽出しています。

放射性物質の指数値

平成24年4月1日から食品衛生法に基づき、水道水については、「放射性セシウム」の基準値は10ベクレル/kgと定めています。この基準値の範囲内であれば飲料水としても安心な数値であり、水泳時にプール水を飲んでしまっても健康上支障はありません。なお、放射性ヨウ素については、半減期が8日間と短く周辺環境においても検出されないことから検査対象項目からも除外されました。

基準値(単位:ベクレル/kg)
放射性セシウム
セシウム134セシウム137
10

測定結果

測定結果(単位:ベクレル/kg)
回数採水日岩鼻小学校金古南小学校榛名中学校
セシウム134セシウム137セシウム134セシウム137セシウム134セシウム137
1回

平成28年
6月16日 

不検出 不検出 不検出

平成28年度はこの結果とともに、以下の検査及び測定結果をふまえ、プール水の水質管理に努めます。

測定結果一覧の表記について

検出下限値が約10ベクレル/kgで、検出下限値未満の値は「不検出」と表記しています。

過去の測定結果

関連情報

東日本大震災関連情報(厚生労働省のページ)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 健康教育課
  • 電話:027-321-1294