公的個人認証サービス

住民基本台帳カードへの電子証明書の搭載は、平成27年12月22日で終了となりました

マイナンバー制度の開始に伴い、住民基本台帳カードへの電子証明書の搭載は平成27年12月22日(火曜)で終了となりました。

住民基本台帳カードの交付・電子証明書の登録の終了について

公的個人認証サービスとは

  • 公的個人認証サービスとは、インターネット等によるオンライン手続きにおいて電子申請や届出を行う際に、申請者の「なりすまし」や申請内容の「改ざん」などを防ぐため、本人であることを証明する電子証明書を個人番号(マイナンバー)カード内に記録するサービスです。
  • 公的個人認証サービスに係る電子証明書の発行を受けるためには、マイナンバー(個人番号)カードの交付を受ける必要があります。

電子証明書とは

マイナンバー(個人番号)カードには次の2種類の電子証明書を搭載することができます。

署名用電子証明書

インターネット等で電子文書を送信する際に文書が改ざんされていないかを確認するための証明書です。

例:e-Taxによる確定申告、各種の文書を伴う電子申請

利用者証明用電子証明書

インターネット等オンラインサービスを利用する際に、利用者本人であることを確認するために従来のID・パスワードに代わるものとして利用される証明書です。

例:各種証明書のコンビニ交付、マイナポータルへのログイン(予定)

電子証明書の発行に必要なもの

  • 電子証明書新規発行/更新申請書(申請書は窓口にご用意しております。)
  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 発行手数料(200円)

申請場所・受付時間

  • 市民課5番窓口(本庁舎1階)、各支所市民福祉課窓口
    注意:各市民サービスセンターでの申請はできません。
  • 平日:午前9時から午後5時まで

電子証明書発行申請の方法

ご本人申請の場合

即日発行となります。

署名用電子証明書については、発行の際に6~16ケタ(英大文字・数字混在)のパスワード設定が必要です。利用者証明用電子証明書については、4ケタ(数字)のパスワード設定が必要です。

代理人申請の場合

即日発行できません。

受付後、ご本人宛に照会書兼回答書を郵送します。届いた照会書兼回答書に必要事項をご記入の上、窓口にお持ちいただきます。詳しくはお問い合わせください。

電子証明書の有効期間について

署名用電子証明書

次に掲げる日のうちいずれか早い日まで

  1. 発行の日後の5回目の誕生日(有効期間が満了するまでの期間が3ヶ月未満となった場合に発行の申請を行い新たな電子証明書の発行を受けるときには6回目)
  2. 当該署名用電子証明書が格納される個人番号カードの有効期間が満了する日
  3. 利用者証明用電子証明書の発行を受けている場合には、その有効期間が満了する日

利用者証明用電子証明書

次に掲げる日のうちいずれか早い日まで

  1. 発行の日後の5回目の誕生日(有効期間が満了するまでの期間が3ヶ月未満となった場合に発行の申請を行い新たな電子証明書の発行を受けるときには6回目)
  2. 当該利用者証明用電子証明書が記録された個人番号カードの有効期間が満了する日

なお、有効期間についてはカードのおもて面に記載する欄がありますので、お忘れにならないようご自身でご記入いただくか、市職員に記入をご依頼ください。

転入・転出・転居・氏名の変更があったとき

  • 署名用電子証明書には、利用者の氏名、住所、生年月日、性別が記載されています。その内容に変更があった場合、住民票の記載内容と異なることになるため、自動的に失効します。住所異動の届出や婚姻、離婚などの氏名の変更を伴う届出をされる際には、新しい署名用電子証明書の発行を申請してください。
  • 利用者証明用電子証明書には、利用者の氏名、住所、生年月日、性別は記載されないため、住所異動や氏名の変更があっても失効しません。

パスワードがロックされた場合・パスワードを忘れた場合

  • 電子証明書は、不正利用防止のためにパスワードを連続して間違えるとロックがかかるようになっています。(署名用電子証明書:連続5回、利用者証明用電子証明書:連続3回)
  • 入力を間違えてロックがかかってしまったり、パスワードを忘れてしまった場合には、市民課窓口にてパスワードの初期化・再設定の申請が必要になります。
  • 代理人申請の場合は即日の手続きができませんので、ご注意ください。

その他

このページの担当

  • 市民課
  •  証明担当
  • 電話:027-321-1233
  • ファクス:027-320-1145