エコ給食 学校給食残渣の堆肥化と飼料化

堆肥化と飼料化

現在、高崎市では業者に委託し、学校給食で出る生ごみを資源として再利用する「給食残渣の堆肥化と飼料化」を実施しています。

堆肥化とは、給食の食べ残しや調理時に生じた野菜くずなどを微生物などによって発酵処理を行い、有機堆肥としてリサイクルを行うことです。

また、新たなリサイクルの取組として「飼料化」を試験的に開始し、高崎産の畜産品の生産に役立てています。そうすることで、生ごみの減量化と資源の循環利用を推進し、子ども達の環境教育と食育につなげていきます。堆肥は各学校・園等の花壇や畑で活用し、飼料は家畜の飼料として活用します。

目的

  • 循環型社会の実現
  • 環境教育活動の推進

いつから?

試験導入

堆肥化

  • 2003年 9月~ 小学校7校
  • 2004年 4月~ 中学校4校

飼料化

  • 2012年 4月~
    桜山小学校・久留馬小学校・下室田小学校・下里見小学校
    榛名中学校・箕郷中学校・群馬中央中学校
    箕郷学校給食センター・群馬学校給食センター

本格導入

堆肥化

  • 2006年 7月~ 旧高崎市53校・園
  • 2008年 9月~ 新町第一小学校・新町学校給食センター
  • 2009年 4月~ 桜山小学校
  • 2010年 4月~ 久留馬小学校・榛名中学校
  • 2011年 4月~ 下室田小学校・下里見小学校
  • 2012年 4月~
    箕郷中学校・群馬中央中学校・箕郷学校給食センター・群馬学校給食センター
  • 2013年 4月~ 新町第二小学校・新町中学校

メリットは?

  • 市内のゴミ減量化
  • 焼却処分による燃料費の節約
  • ダイオキシン問題等の解決
  • 堆肥は各学校・園の花壇や畑で活用
  • 堆肥は近隣の農園で活用
  • 飼料は家畜の餌として活用
  • 「循環型リサイクル社会」の実現

どうやってできるの?

堆肥ができるまでをご覧ください。

どのくらいできるの?

1回の回収(週2回の回収)で約1200キログラムの残渣が収集され、約100~120キログラムの堆肥になります。

活用方法は?

  • 学校・園の花壇や畑、地場産野菜を栽培している生産農家で肥料として活用
  • 鶏や豚などの家畜の飼料として活用

循環型社会の仕組み

各校・園・給食センター等から回収した残菜は、市内の委託業者(堆肥化センター)において堆肥化され、地元生産農家で地場産野菜の生産に活用してもらうとともに、栽培した野菜を学校や地元消費者に還元します。

リサイクルのイメージ

リサイクルのイメージ画像

堆肥化・飼料化を促進することにより、身近な環境教育につながります

このページの担当

  • 健康教育課
  • 電話:027-321-1294