食材研究班

食材研究班では、学校給食に良質・安全な食材を確保するため、次のような活動を行っています。

地場産野菜の使用推進

市内全給食施設で地場産野菜の年間使用量を調査

平成28年度実績

高崎産野菜・果物使用率 28.4%
群馬県産野菜・果物(高崎産を含む)使用率 47.2%

地場産野菜の種類

チンゲンサイ・たまねぎ・じゃがいも・にんじん・枝豆・きゅうり・トマト・小松菜・ほうれん草・ブロッコリー・オータムポエム・キャベツ・ごぼう・なす・さといも・はくさい・だいこん・かぶ・にら・ミニトマト・かき菜・長ねぎ・梨・苺など

供給元

各地域の個人農家・農協・共同選果場・福祉施設など

農林課・農協等と情報交換会を実施

地場産野菜の納入量増加や安定確保に向けた話し合い

地場産物を活用した加工品の開発と導入

  • 高崎しょうゆ
  • 高崎ソース
  • 高崎みさとのブルーベリージャム
  • はるなの梅ジャム
  • 国分にんじん入りうどん
  • 国分にんじん入り中華麺

このページの担当

  • 健康教育課
  • 電話:027-321-1294