学校給食施設の紹介

特色

高崎市の学校給食は、自校方式が64施設(小学校38校、中学校21校、特別支援学校1校、幼稚園4園)、センター方式が3施設による完全給食を行っています。すべての学校・園、給食センターには栄養教諭・学校栄養士が配置され、『学校給食目標』にそった「食に関する全体計画」、「給食構想図」、「給食時間における食に関する年間計画」等を立て目標を具現化するために、特色ある学校給食を実施しています。倉渕・箕郷・群馬・新町・榛名・吉井地域と合併したことで栄養士の仲間も増え、さらに地域も広がったことなどの利点を生かし、それぞれの良い点を取り入れて、さらに充実した学校給食に取り組んでいきたいと考えています。

改築給食室紹介

高崎市立塚沢小学校では、新校舎建設に伴い、校舎1階部分に改築された新しい給食室ができました。
塚沢小学校の給食室では

  1. 出来立ての給食の提供
  2. 食物アレルギーを持つ児童に対してのきめ細かい対応
  3. 地場産農産物等活用の推進
  4. 安全で安心な食の確保
  5. 望ましい食習慣を身につけるために栄養教諭による食育の推進

が図られています。
高崎市立塚沢小学校では、作り手の顔が見える、心あたたまる給食づくりをこころがけています。

高崎市立塚沢小学校

塚沢小学校給食室の外観

(1)食数

620食

(2)児童・生徒の反応

  • いいにおいがする。
  • 給食がおいしい。
  • 給食技士さんについてもっと知りたくなった。

(3)教職員の反応

「給食を作っている様子が、香りや野菜を刻む音などのほかに、技士さんたちが働いている姿が見えるので、より食への意識が高まった。」

(4)栄養教諭からひとこと

塚沢小の給食室は、五感を刺激する食育となる給食室です。

目で見て作っている様子がわかり、鼻でよい香りを感じ食欲を刺激され、耳で野菜を刻む音、炒める音がわかり、舌で美味しく食べる、そして給食室前に掲示した季節の野菜などに手で触れることができます。

このページの担当

  • 健康教育課
  • 電話:027-321-1294