高崎市自治基本条例(仮称)

高崎ならではのまちづくりを目指して

高崎市では、「高崎市自治基本条例(仮称)」について引き続き慎重に検討をしています。

自治基本条例とは

自治基本条例とは、自治(=まちづくり)に関する基本的な理念や仕組みを定めるものです。現在ある条例やこれから作る条例についても、自治基本条例が規範となります。こうしたことから、自治基本条例は「自治体の憲法」とも呼ばれています。

これまでの経緯

一覧
年度内容
平成20年度
(2008年度)
高崎市自治基本条例制定検討委員会の設置
高崎市自治基本条例制定検討職員プロジェクトチームの設置
平成21年度
(2009年度)

平成22年度
(2010年度)
自治基本条例に関するアンケート調査の実施
調査票、調査結果はこちら ⇒ 「自治基本条例に関するアンケート調査」
自治基本条例講演会の開催
高崎市自治基本条例検討市民委員会の設置
市民委員会についてはこちら ⇒ 「市民委員会のページ」
高崎市自治基本条例を考える会による検討
考える会についてはこちら ⇒ 「考える会のページ」
シンポジウムの開催
タウンミーティングの開催
市民フォーラムの開催
提言書への意見募集
市長へ提言
パブリック・コメントの実施

このページの担当

  • 企画調整課
  • 電話:027-321-1206